辛い症状を改善するには

しっかり対応する

考える女性

高齢化社会になり、今や人工の20%以上が老人となってきています。それによって増えている病気に認知症があります。認知症とは誰にでも掛かる可能性があるもので男性でも女性でも関係がありません。認知症となってしまう年齢で最も多いのは65歳程度からとなっていますが、最近では20代、30代で認知症を発症してしまう若年性も増えてきています。
この病気は1度発症すると進行が止まることがなく、物理的に止める方法もありません。また、症状が出て死んでしまった脳細胞を元通りにするすべもありませんから、かかればじわじわと悪化するばかりになります。
これは老人性のボケや物忘れが単純に激しくなるというものとは違い、脳に直接ダメージが来ている状態になる病気です。ですから、若い人でも年配者でも関係なくかかってしまうようになるのです。

認知症だと判明するきっかけを見つけるのは難しく、明らかに挙動がおかしいとなってから病院へいき認知症だと判断される人が増えています。認知症の初期症状はかなり早い段階からあるのですが、うっかりや気のせいと判断して本人も周囲も気づかないままになっていることがほとんどです。
また、家庭を持っている人ならまだしも、独身で過ごしている人の場合には誰にも気づかれないまま相当に進行し、会社などでトラブルを起こしたことをきっかけに発症することも多いです。
認知症というのは脳細胞が萎縮してしまうものであり、脳自体が変質するために症状はどんどんと悪化します。しかし、健康状態に問題が出ているわけではない上に、若年性の場合は健康そのものである場合が多く介護が大変です。
脳が萎縮してしまうため、初期症状はいわゆる老人性のボケと同様程度の症状となっていますが、そのうち抑えがきかなくなり自制心がなくなるようになりますし、悪化すれば糞尿をたれながすようになることもあります。
支離滅裂なことを叫びだすようなこともあり、非常に危険です。認知症は進行しきってしまうと動かなくなったり話すことすらできなくなる、感情がなくなるというようなこともありますが、その状態まで進行するには相当に時間がかかります。
認知症で最も長いのは自分のことは自分でできず、しかし本能はあるが人間としての行動はできなくなっているというような状態の時期です。だからこそ、認知症の患者を支えつつ苦労している家庭が多いのです。

老人性のボケと認知症の違いはなにより脳が萎縮しているかどうかです。認知症は脳の変形が見られますが、老人性のボケの場合これは脳の問題というよりも普通の老化現象です。顔にしわができたり、若いときよりも太りやすくなったり、体力が低下したりするのと同列ですから、人格が崩壊することもなければ日常生活ができない、トイレの仕方や歩行に食事の取り方が分からない、最近の記憶から消えていくというような問題はおこりません。
しかし、認知症はそれらが起こってしまうために恐ろしい病気だといわれているのです。

様々な症状

仲良し主婦

45歳を超えればだんだんと女性は閉経し、ホルモンの変化によって更年期障害が発声することがあります。サプリメントや運動に治療薬などを利用して不快な症状を緩和し、前向きに生活してください。

もっと読む

トピックス

共通の悩み

年齢とホルモン

どうして更年期の不快症状が現れるのかというと、それは閉経による女性ホルモンの減少が影響するホルモンバランスの変動です。それによって自律神経が乱れ、身体の様々な部分に問題が出るようになります。

もっと読む

改善させたい

大半の人がかかる

人によって症状が思い、軽いという違いはありますが、更年期障害は誰しもがかかってしまう可能性がある病気です。精神的にも肉体的にも影響がでてきますから、他の病気の引き金となる前に早急な治療を必要としています。

もっと読む